読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

26歳で死んだ男のブログ

現代に必要なのはありふれた情報でなく、個人の人生も社会も抜本的に変化させる今までに無かった全く新しい知識・技術・商品である。

人は皆、違う世界を生きている

物質の宇宙と、意識の宇宙。


認識技術を用いるとこの2つの異なる宇宙観をひとつのイメージで
統合して説明ができます。

 

物質の宇宙

一般的に私たちは同じ宇宙の中に住んでいると思い込んでいます。
物質の宇宙観です。

 

f:id:mdchideki:20170316225435j:plain

 

同じ日本という国、同じ時代、同じ時、同じ世界を誰しも同様に過ごしている。

しかしそれはある意味では正しく、ある意味では大きな間違いでもあります。

 

生きている世界は皆違う

私たち人間一人ひとりは実は全く異なる世界観を生きている、ということです。


例えば。

この時代をみなさんはどんなふうに捉えているでしょうか?
一体どんな時代と言えるでしょう?

 

もってる情報もみんなバラバラ。

 

日本にいたら、さも平和な世に思えるかもしれませんが、

一歩海を超えて例えばシリアに行くとどうでしょう?

 

そこに住む人たちはどんな情報に触れ、どんな人と出会い、

どんな環境で、どんな話をするでしょうか。

 

少なくとも日本の芸能人の話題を話し込んだりってなさそうですよね?

 

自分の国が世界の中で今どんな状況なのか、他国とどんな関係にあるのか。

 

そんなことに人々の関心はいくんじゃないでしょうか。

 

こうしたことが私たちの身近なところでも起こっているんです。

 

時間さえも違っている

同じ国に住んでいても当然意識の宇宙はバラバラ。

 

みなさんと安倍総理では見ている世界は違う。

 

同じ情報を聞いても湧いてくるイメージは全然違う。

 

わかりますよね。

 

例えば、、、ややセンシティブですが、北朝鮮がミサイルを撃ったとしましょう。

 

多くの人「あ、また撃ったんだ」

総理「どう対応を取るべきか。他国の対応は?危険度は?声明は?犠牲者は?自国への影響は?」

 

総理大臣であれば、様々なことが気になるはず。

そうでなければ他人事。

 

例えば単純に今を生きる人。

 

例えば、自らあらゆる情報をとりにいって、

テクノロジーの進化が現状どうなっていて、これからどうなっていきそうか

を調べまくっている人。

 

スマートフォンの次のテクノロジーを、世に商品が出てから知る人と、

それを作り込んでいることを詳細に知っている人。

 

両者の間には大きな時間的ギャップが存在し得ます。

 

多くの人はそんなことは考えていない

そりゃそうだろうと思うでしょうか。

多くの人は、自分と隣の人は同じ世界に生きていると当たり前に思っています。

 

ただ、それは自分勝手なただの思い込みなのです。

 

同じものを見て、まったく違う世界を見ています。

全く違うことを思っています。

同じということはありえないのです。

 

認識技術では、自分の思い込みを出て、真実の世界と出会える。

 

その世界を基本的なセミナーでご案内しています。

 

Hideki