生きるって楽しい。/ひできのBLOG

この国には希望が足りない。

なぜあなたの人間関係はうまくいかないのか #1

※最初に申し上げておきますが、Deepな内容なため数回に分けて書きたいと思ってます。ご容赦ください。。

 

人間関係がうまくいっている状態とは

f:id:mdchideki:20170321235439j:plain

全て、この世のものには陰と陽があります。

 

男があれば女があり、光があれば闇があり、

 

上と下

 

左と右

 

希望と絶望

 

出会いと別れ

 

必ずこの世の物事には裏と表、因果関係があります。

 

その理由についてはまぁ直接確認いただくでもするとしてここでは省きますが。

 

女を理解することで、その対称性である男がよく理解できるように、

 

「人間関係がうまくいかない原因」ということを理解することで、

 

どうすれば「人間関係がうまくいくか」を理解することができます。

 

 

人間関係がうまくいかない原因、それは一体なんなのでしょうか?

 

人間は誰しも好き嫌いのものさしを持っている

まず、最初のステップとしてこの事実を知ることが非常に重要です。

 

コンビニのおにぎりコーナーに並ぶのは様々な種類のおにぎりです。

 

シャケもあれば、梅もあれば、おかかやツナ、チャーハンや高菜など様々ありますよね。

 

どのコンビニに行っても梅おにぎりしかなかったらどうでしょう?

 

もうちょっと他の種類のものも欲しいですよね?

 

人それぞれおにぎりの好みは違うわけです。

 

これは人間関係においても同じ。

 

Aさんというあなたがどうしても嫌いな人が職場にいるとしましょう。

 

Aさんのことが嫌で嫌でしょうがない。

 

Aさんの言動ひとつひとつに苛立ってしまう。

 

仕事をお願いされたりしようものならもう大変。

 

「なんでお前なんかに言われないといけないんだよ」と思う始末。

 

そんな日々が続くのなんてとても耐えれませんね。

 

でもそのAさんとうまく仕事をこなすBさんという人がいます。

 

BさんにとってはAさんは頼もしい仕事仲間。

 

Aさんと仕事をすることは、Bさんにとって自分もスムーズに仕事をこなしていけるため好都合だと捉えているとします。

f:id:mdchideki:20170402200754j:plain

 

あなたにとってAさんはむかつく存在。

 

BさんにとってAさんはいい仕事仲間。

 

果たしてAさんとはどういう存在でしょうか?

 

むかつく存在なのか?いい仕事仲間なのか?

 

答えはどちらでもあり、どちらでもありません。

 

AさんはAさん。

 

その人をどう捉えるかは、周りの人間次第なのです。

 

当たり前ではない、根深い問題

「なにを当たり前のことを言うんだろう?」

 

と思うでしょうか。

 

これは当たり前の事実ですが、多くの人が見逃している、もしくは大きな問題とは認識していない、非常に大きく、根深い問題なのです。

 

Aさんにむかつくあなたは、どうしてもAさんをいい仕事仲間だとは思えないはずです。

 

ではそれはなぜでしょう?

 

なぜBさんはAさんをいい仕事仲間だと思える一方、あなたはそれを思えないのでしょうか?

 

問題はなんなのでしょう?

 

 

実はここに多くの人が見逃す好き嫌いのものさしが隠れています。

 

私はこの好き嫌いのものさしを、その人独特の「判断基準」と呼んでいます。

 

 

人は誰しも判断基準を持っている

この判断基準は誰しもが必ず保有しています。

 

判断の基準なしには人生を生きていけないのです。

 

でも、この判断基準が異なるが故に同じ人に対しても

 

「むかつく!」と思ったり、

 

「いい仕事仲間だ」と思ったり、

 

違った評価が生まれてくるわけです。

 

ではどのように対処したら良いのでしょうか?

 

それについて次回以降で触れていきたいと思います。

 

どうぞお楽しみに!

 

Hide