読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

26歳で死んだ男のブログ

現代に必要なのはありふれた情報でなく、個人の人生も社会も抜本的に変化させる今までに無かった全く新しい知識・技術・商品である。

関心ある事

最近関心があることを書いてみますと

 

1.いかにして最高のチームをつくることができるのか

2.いかにして「楽しむ」と「稼ぐ」を両取りできるのか

 

ということがでてきます。

 

●1.について

チームとか、チームプレーというのは私たちにとって、非常に大事なキーワードであることは間違いないでしょう。

 

チーム、言い換えるならコミュニティ、というものに誰一人例外なく所属していることかと思います。

 

それは職場だったり、家族だったり、近所の市民団体だったり、サークルだったり、するでしょう。

 

LINEにはなんらかのコミュニティのグループがみなさんあるんではないでしょうか?地元の同級生仲間とか、飲み仲間とか。

 

そうしたチームってある程度だとすごく楽しいんだけど、なんか大きくなりすぎるとめんどくさくなったりしません?

 

大勢でやる飲み会は、スケジュール決めるだけで一苦労だし。

会議とかになると、みんなから積極的に発言を引き出すのが難しい。

 

集団が大きくなってくると、その中で必ず主体性を発揮できずに黙り込んだり、テンションあがらなくなっちゃう人が少なからず出てくるものです。

 

僕はそれをどうにかしたい。

 

学生時代に長くサッカーをやってました。

キャプテンをやる機会もあり、集団をまとめる難しさを感じたものでした。

 

みんなにアグレッシブにチームづくりに励んでもらいたいけど、なかなかそう簡単にはいかない。

 

自分のやりたいようなチーム作りのための意見は言うが、他のメンバーの意見を聞き入れようとしない者や、

 

鼻からチーム作りなど人任せで、自分は試合さえできれば良いという者も。

 

「こうしろ、ああしろ」「これでいこう!」

と、一部の意見を切り捨てて、全体の方向性を決定するのは簡単ですが、

 

全員が納得し、「よしそれでいこう!!」と

みんなの士気をあげるのはなかなかどうして難しいものです。

 

でも、難しいとはわかっていても、やはりそれでもどうにかしたい。

 

みんなが望むチームを形にしたい。

みんなが望むコミュニティを具現化したい。

みんなが望む集団を実際に形にして、その喜びをみんなで共に分かち合いたい。

 

そうした社会は実現不可能なのか?

そんなことは無いと思う。

 

だってそれが不可能だなんていう確たる証拠はない。

可能性があるならチャレンジしたら良い。

 

人間はいつの時代も様々な不可能を可能にしてきた。

それが人類歴史。

 

まだまだ最高のチームプレーの実現に成功できていない人類。

世界平和を臨みつつも、世界の団結を構築するには至っていない人類。

 

その最高のチームプレーを現実化させるとしたら、政治を変えることは当然避けては通れない。

 

既存の枠組みでどうにもできないなら、既存の枠組みすら超えていくしか無い。

 

そんなことが可能かどうか、変革なんぞ可能なのかどうか。

 

諦めてしまってはやれるはずがない。

 

だからひたすらに前を向いて突き進むのみ。

 

それが1つ目の問いへの自分なりの答え。