生きるって楽しい。/ひできのBLOG

この国には希望が足りない。

Japan Mission Project全日程全て終了しました!

f:id:mdchideki:20170514222934j:plain

 

 

1人の人間の決断から始まった本イベント、Japan Mission Project.

 

一向にまとまらない世界の現状。一人一人が一向に自信の持てない日本人。その社会。

みなさんは日本という国をどういう風に捉えているでしょうか。

 

少なくとも私は、この国に生まれて30年。この国の未来に心からの希望を感じたことというのは一度もなかったかと思います。

 

僕らが生きる礎を作ってきてくれた数多くの先人たち。

私たちの祖父母・両親の世代は敗戦後の日本に高度経済成長をもたらし「もはや戦後でない」日本を形作ってきてくれた世代です。

 

テレビ・クーラー・冷蔵庫・洗濯機なんて生まれた瞬間から”あるのが当たり前”そんな、モノ商品に恵まれた豊かな物質社会を作ってきてくれました。

 

戦争に負けてまさに焼け野原の状態から、ここまでの財を日本全体にもたらしたエネルギーには本当に頭があがりません。どれほどの自分たちの悔しい思いと、子や孫にかける愛でこれほどの社会を築いてきてくれたことでしょうか。

 

諸先輩方はまさにそうした物質的に豊かなアメリカや西洋のライフスタイルを自分たちも目指していくという、明確な青写真を共有し、それぞれが各人にしかできない役割を全うしてきたことでしょう。そこに希望があり、未来がありました。

 

少なくともその時代を築いてきた世代の方々に話を伺うと往々にしてそこに対して大きな自信とプライドを持っていらっしゃることが確認できます。

 

仕事を選ぶ余裕もなく、次の時代のためにとせっせと働きここまで恵まれた社会を築いてきてくださった世代の方々が、今の若者たちの「やる気がない」「やりたいことがない」という現状にどんな思いをいだくか、若者のみなさんわかるだろうか?

そして逆にその裏にある、若者への期待、次の時代への願いが深く揺れていることをどれほど感じ取って日々を生きているだろうか?

 

さらに遡れば戦時、多くの兵士が次の時代に生きる人へ希望を託し、自らの命を自ら投げ打って特攻した人たちがありました。

 

明治時代には、自分たちの誇りでありプライドでもある刀を置いて、相手方の様式に合わせた国づくりをしていく意思決定をおこなった者たち・そしてそれを実際に形作った先人たちがあります。

 

奥歯を噛み締めながら髷を切っていった人々の、未来を見据えた英断がみなさんにはどう映るでしょうか。

 

みなさんを責めたいわけではない。

でもまずは知ってほしい。自分たちの親を。先輩を。

 

そうした時代の脈絡をすべて引っ張って開催してきたJapan Mission Project.

 

これはただのイベントではありません。

Japan Mission Projectというイベント自体は確かに今回の大阪にて終了となりました。

 

しかし意志は長く長く紡がれ行くもの。時代に刻まれるものです。

 

私たちが伝えたかったのはまさにJapanの深くに眠る我らに共通する人間社会への意志であり、Japanの譲ることのできないプライドであり、Japanの愛そのものです。

 

現代の若者たちを少し否定的な表現もしましたが、裏を返せば彼ら。。というか僕らも時代の被害者であるとも言えます。

幸せを感じられない誰しもがそうです。自分1人で周りの環境含めすべてを決定し、すべてを変革していくことはできないからです。

 

今日をもってJapan Mission Projectを終え、僕の中でも大きな一つの区切りとなりました。

 

明日以降また気持ちを新たに、自分のMissionを果たして行くべく動いて参ります。

今日まで応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。私はこれからも時代の変革のため教育・経済・政治を変革していく動きをとりたい。中でも1番はまず教育であると思っています。

 

違った形での動きがこれからあるかと思います。

どんな形であれ、やろうとしてることはいつも変わらず。

ただ純粋に誰もが幸せに、楽しく人生を過ごしていける世界の実現に向けて。

ワクワクできる未来をつくっていきたい。

ワクワクしながら生きていきたい。

 

シンプルにそれだけです。

 

本当にJapan Mission Projectへの応援・ご協力いただいたみなさまありがとうございました!!

 

ひでき