読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

26歳で死んだ男のブログ

現代に必要なのはありふれた情報でなく、個人の人生も社会も抜本的に変化させる今までに無かった全く新しい知識・技術・商品である。

経済産業省の若手グループにあっぱれ。日本はまだまだ捨てたもんじゃない

 

今日結構ツイッターでもつぶやいた本件。↓

http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf

 

ネット上では賛否両論あるようだが、こうしたネタが世間に広がることは良いこと。

難しいことを難しくいうことより、難しいことをわかりやすく伝えることははるかに難しい。

 

その点、この資料を作ったのは間違いなく優秀な面々なのだろう。

国が出した資料としては珍しくわかりやすい。

 

おそらく内部では先輩職員からの批判もくらっていることだろう。

なんだか若さというか、チャラさが若干感じられないでもないから。SNSの投稿のチョイスとかね。

ある程度のチャレンジがあったんじゃないかと思うが、こうして日の目を浴びるまでオープンにできたことにあっぱれと言いたい。

 

私が特に共感を覚えたのは60ページの記述。

『「公は官が担うもの」という思い込み』により、住民はサービスを受ける”お客様”意識が芽生え官業が肥大して財政負担が増え続けている、という部分だった。

 

現役世代に極端に冷たい社会。

現行を「シルバー民主主義」と揶揄し、痛烈に批判している。

本当に読みものとして単純に面白くまとめられてるので、詳細はぜひPDF資料に目を通してご自身で確認してほしい。

 

 

批判することは、そのこと自体が批判されるフシがあるが、本来、批判するということは極めて重要なことだと思う。

 

批判すること。否定すること。

それにより、物事は進化する。

 

「今までの政治はダメだ!」ということは、「ではどういう政治が必要になるのか?」という次の質問を生む。

 

質問を生むこと=次の次元の世界を空想し、イメージを膨らませること、考えを及ぼすことができる。

 

批判しないということは、現状に満足することとイコールとなる。

日本人に多いのは”批判を口にはしないが、心の中で批判している”ということだ。

これでは物事が進化しないばかりか、思ったことを言わない自分の心の中にわだかまりとストレスを蓄積することになる。

そして多くの場合、これを言わなければ周りも自分の批判を察知することなく、そうして自分はそうした周りの人々を蔑む傾向にある。

極めて不健康な心の動きだ。

 

”言いたいことが言えない”という関係性は負のスパイラルを起こす。

こちらには”言えないことによるストレス”が蓄積され、相手には”こいつは何考えてるかわからない”というまた負の蓄積が積み重なる。

 

国の若手が現行の国の体制を批判し、次なる世界を提案している本資料。

この国の未来はまだまだ捨てたもんじゃないのかもしれない。

国は、官僚や政治家だけが考えるものではないし、彼らだけが所属しているものでもない。

 

私たちひとりひとりが国であり、日本である。

先日までJAPAN MISSION PROJECTというイベントをおこなっていただけに、この国の未来への希望を感じられた今回の件は素直に嬉しかった。

 

私もまだまだこの国のためにやれることをやっていく。

私の場合、まずは教育革命から。

きっとこの先そう遠くない未来、彼らの一部もしくは全部の方々と仕事を共にすることがあるだろう。

 

道は違えど同じ山に登っている。

彼らとの出会いも楽しみにしながら、自分のMISSIONにコミットしていく。

 

ひでき